助動詞史を探る - 山口尭二

助動詞史を探る 山口尭二

Add: asesyn70 - Date: 2020-12-06 02:15:09 - Views: 3503 - Clicks: 4907

山口堯二著, 『助動詞史を探る』, 年9月30日発行, 和泉書院刊, a5判, 305ページ, 本体価格9,000円. 山口尭二 山口尭二の概要 奈良時代から現代に至るまでの日本語の文法史研究に大きな影響を与えた。高等学校時代の恩師であった池田義孝(『島崎藤村の生涯と旅』を執筆した国文学者でもあった)の影響から、京都大学に進学し、その後、同大学. 『古今集遠鏡』の「のみ」小攷-口語訳と傍注をめぐって 山根木忠勝著. 山口, 尭二(1932-) 書誌id: bn00323967. 1 形態: xvii, 135p ; 22cm. 連体的表現からみた物語文章史 神谷かをる著.

2 形態: 328p ; 22cm 著者名: 梅原, 恭則 シリーズ名: 論集日本語研究 ; 助動詞史を探る - 山口尭二 7 書誌id: bnisbn:. 3 形態: xiii, 302p ; 22cm 著者名: 山口, 尭二(1932-) シリーズ名: 研究叢書 ; 183 書誌ID: BNISBN:. Pontaポイント使えます! | 助動詞史を探る 研究叢書 | 山口尭二 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 疑問表現の推移 山口尭二著. 山口尭二(文法) 山口仲美(国語史) 山口佳紀(上代語) 山下好孝(関西弁) 山田潔(文法) 山田忠雄(国語史) 山田俊雄(国語史) 山田昌裕(文法) 山田孝雄(文法) ゆ: 湯沢幸吉郎(国語史) よ: 横田貢(近代語) 吉川泰雄(語彙) 吉澤義則. 此島1973: 183)。本節ではこの契機と考えられ る助動詞の複合現象をあつかう。 3. 平安初期九世紀における訓読語の変移 小林芳規 著 惜シの意味変化 田中牧郎 著 平安古記録における「発動」の表現性 橋本博幸 著 中古における「ウチ+主体変化動詞」の意味 近藤明 著 ヤカ型語幹とラカ型語幹 蜂矢真郷 著 中古語の叙法副詞 高山善行 著. 7 図書 古代日本語の助動詞の研究:.

助動詞 フォーマット: 図書 責任表示: 北川千里, 井口厚夫著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 荒竹出版, 1988. 助動詞史を探る - 山口堯二 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 10)「「やうなり>やうだ」の通時的変化」『京都語文』8 前提 やるなり>やるなる>やうな>やうぢや>やうだ の変化の見通しを示したい 以下の用法に分類できる 類縁性(様相の類似するもの同士を関係付ける) 例示 一致(この前のようにやる) 比況 単独性(様相を単独に表示. 資格・立場の表示史(山口実二) より語源寄りに補助動詞化したサ変動調の連 途を広げたようである。して」は、その見方の変化にも関連して古代語における以上にその用用形と接続助調「て」の連語と見られることになる。. 通時的に助動詞「たり」は完了・存続を表すアスペクト形式だったのがテンス的な意味 を獲得し単純過去を表すようになった(cf. 目次 目次 小特集―文体と語彙(語彙から見た文体と文字から見た文体;助動詞の複合「ならむ」「なるらむ」―散文体と韻文体と;今昔物語集の翻訳語について;敬語の表記から見た『宇治拾遺物語』の文体;『山路の露』の語彙―擬古文の語彙の特色を考える;内田百〓@6BE1の文体―色彩語. 9: 標準新古典文法 : くわしい解説: 山口堯二著: 文英堂:. 山口尭二 『助動詞史を探る』和泉書院 牧原 功 形容詞・助動詞の丁寧形の許容度に関する一考察、『群馬大学留学生センター論集』 3 澤尚・小林正行・顧暁琳 『春秋左氏伝国字弁』の国語学的研究―断定の助動詞について、『東京学芸大学紀要.

Bib: BAISBN:Subject:. 助動詞 / 梅原恭則編 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ジョドウシ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 有精堂出版, 1979. テクストの国語学-陽明文庫本桐壷の事例 山内啓介著. 2 形態: 328p : 挿図 ; 22cm 著者名: 梅原, 恭則 シリーズ名: 論集日本語研究 ; 7 書誌id: bnisbn:主題:.

9 形態: xv, 305p ; 22cm 著者名: 山口, 尭二(1932-) シリーズ名: 研究叢書 ; 304 書誌ID: BAISBN:. 山口, 尭二(1932-) シリーズ名: 愛媛大学古典叢刊 ; 12 書誌id: bn06670238. 9: 国語学概論: 山口尭二 著: 仏教大学通信教育部: 1999. 助動詞史を探る フォーマット: 図書 責任表示: 山口堯二著 言語: 日本語 出版情報: 大阪 : 和泉書院,.

助動詞 フォーマット: 図書 責任表示: 梅原恭則編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 有精堂出版, 1979. 10: 助動詞史を探る: 山口尭二 著: 和泉書院:. 内田百間の文体 岡村真理子著. 著者の助動詞に関する史的研究とその周辺に関する論文をまとめた論集。第1章から第1. 山口尭二, 鈴木日出男 編: 文英堂:. 敬語の表記から見た『宇治拾遺物語』の文体 桜井光昭著. 伊勢物語 : 伝後京極摂政良経筆本. Amazonで山口 尭二の助動詞史を探る (研究叢書 (304))。アマゾンならポイント還元本が多数。山口 尭二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

『詞通路』「詞の自他の事」を読む 野村剛史著. 愛媛大学古典叢刊刊行会 1972 愛媛大学古典叢刊 12. 国語副詞の史的研究 井手至著. 2: 日本語接続法. 助動詞史を探る / 山口堯二著 Format: Book Reading of Title: ジョドウシシ オ サグル Language: Japanese Published: 大阪 : 和泉書院,. 山口堯二著 言語: 日本語 出版情報: 大阪 : 和泉書院, 1996.

助動詞史を探る 山口堯二著 (研究叢書, 304) 和泉書院,. 1: 構文史論考: 山口尭二 著: 和泉書院:. 山口 尭二(やまぐち ぎょうじ、1932年 - )は、日本の国語学者。 大阪大学 名誉教授。 博士(文学)(大阪大学、1991年)。. 2 形態: 328p ; 22cm 注記: 助動詞研究参考文献: p321-327 著者名: 梅原, 恭則 シリーズ名: 論集日本語研究 ; 7 書誌ID: BNISBN:. 指示体系の推移 山口尭二著. Amazonで山口 尭二の助動詞史を探る (研究叢書 (304))。アマゾンならポイント還元本が多数。山口 尭二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 1 山口尭二(). 今昔物語集の翻訳語について 藤井俊博著.

9 Description: xv, 305p ; 22cm Authors: 山口, 尭二(1932-) Series: 研究叢書 ; 304 Catalog. 『鎖国』の文章と語句 根来司著. 『山路の露』の語彙 山内洋一郎著.

助動詞史を探る - 山口尭二

email: omyvo@gmail.com - phone:(806) 354-2787 x 5760

背すじも凍る恐怖ミステリー - ホラ-クラブ - ヨーロッパの賭 ミシェル

-> 直接行動の力「首相官邸前抗議」 わが子からはじまるクレヨンハウス・ブックレット12 - ミサオ・レッドウルフ
-> 男女共同参画白書 平成21年 - 内閣府男女共同参画局

助動詞史を探る - 山口尭二 - こじれない人間関係のおけいこ 八巻香織


Sitemap 1

英作文 高校上級用 - 清水建二 - 雨のち晴れ