一休狂雲集 - 一休

一休狂雲集

Add: rejapu99 - Date: 2020-12-17 18:09:24 - Views: 8740 - Clicks: 504

一休「狂雲集」の世界 ¥ 1,220 柳田聖山 、人文書院 、1980・11・30第3刷 、1冊. 一休:「狂雲集」訳注(柳田聖山ほか訳著 東京:講談社〈禅入門〉7、新版、1994年5月) 初版は〈日本の禅語録〉12、1978年、柳田訳で 中公クラシックス でも年に刊行。. 一休禅師の「狂雲集」について 美人の陰に水仙花の香あり(美人陰有水仙花香)とか、美人の淫水を吸う(吸美人婬水)とかいう一節があるそうなんですが、「狂雲集」にはそういう漢詩が多いのでしょうか?. ということは、『狂雲集』は一休宗純が大徳寺に入って晩年にいたり、そこで自身の境涯をふりかえって半ばフィクショナルに書き上げたというふうに構成されているのだが(弟子たちの構成による)、大徳寺開祖の大燈の20年とは、まさに一休の生涯に. 一休はこのときの様子を漢詩集『狂雲集』に残しており、「その美しいエクボの寝顔を見ると、腸(はらわた)もはちぎれんばかり。 楊貴妃かくあらん」と表現。. 美術人名辞典 - 一休宗純の用語解説 - 室町前期の臨済宗の僧。大徳寺四十七世。京都生。一休は字、宗純は諱、号に狂雲子・国景等。後小松天皇の皇子。幼少で出家し、大徳寺の華叟宗曇についてその法を嗣ぐ。風狂の生涯を送り、書画・偈頌に優れ、著に『狂雲集』がある。文明13年(14. ( ) 一休宗純と三途河御阿姑(芳澤)35 Ⓑ『狂雲集』一〇三五賛御阿姑上郎痩容(御阿姑上郎の痩容を賛す) 美妾風流痩似梅(美妾風流、痩せたること梅に似たり)、 花顔丹臉一枝開(花顔丹臉、一枝開く)。. 『狂雲集』に、一休は、森女のことを10編ほど詩を残している。数も異常に多い。初恋にのぼせあがった若者の日記状態だ。「木はしぼみ葉落ちた自分だが、春がめぐってきた。森の情恩は未来永劫忘れはしない」「一代風流の美人、野に遊ぶ姿、寝顔はなんて可愛いんだ」「森の女陰は水仙の.

一休宗純のぶっ飛んだ世界観を漢詩で体験 『狂雲集』は一休本人の著書で、室町時代の後期に書かれた漢詩文の集大成です。その内容の多くは、彼の変人とも言えるエピソードが大半で、遊芸、情事、自ら「風狂」を名乗るなど、多くの奇行が載っています。. 一休の歌 その書『自戒集』『狂雲集』『仏鬼軍』は戒律を守る真面目な僧侶にとっては、読めば読むほど恐ろしいものと言われている。『続狂雲集』には「淫」「美人」といった言葉が30回以上も登場する。こんな禅僧はいない。. 狂雲集 - 一休 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー. ( ) 一休宗純と三途河御阿姑(芳澤)35 Ⓑ『狂雲集』一〇三五賛御阿姑上郎痩容(御阿姑上郎の痩容を賛す) 美妾風流痩似梅(美妾風流、痩せたること梅に似たり)、 花顔丹臉一枝開(花顔丹臉、一枝開く)。 そして、一休を大徳寺住職に承知させる目的があった、というもの。いずれにしろ、2人は同棲ラブラブであった。 (3)『狂雲集』 『狂雲集』に収められている漢詩の数は、写本によって、約300首、約550首、約1060首ある。. 『狂雲集』は破廉恥な漢詩集? 禅宗と風狂という言葉は中国より伝わりました。 一休には『狂雲集』『続狂雲集』『自戒集』『骸骨』などさまざまな著書がありますが、上下2巻と続1巻にまとめられた詩集『狂雲集』では、自らの型破りな生活が赤裸々に. 另外,一休的書法藝術和水墨畫技藝也頗有名氣。 著作 《狂雲集》、《續狂雲集》、《骸骨》、《自戒集》、《一休法語》和《佛鬼軍》等。 影視中的一休宗純.

一休さんこと、一休宗純禅師が著わした『狂雲集(きょううんしゅう)』という詩集に掲載されている一句にまつわる逸話なのだが、正月を題材にした出来事なので今の時期にピッタリである。 その一句というのは、次のようなものだ。. See more videos for 一休狂雲集 - 一休. ^ 『一休蜷川狂歌問答』に「門松はめいどのたびの一里づか馬かごもなくとまり屋もなし」という類似の歌がある。 一方『狂雲集』は漢詩集なので、和語の歌は収録されておらず、念のため点検したがその様な内容の詩偈も見当たらない。. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 狂雲集の用語解説 - 室町時代後期の漢詩集。2巻。一休宗純 (そうじゅん) 著。成立は文明年以前。「狂雲」は作者の号で,みずから風狂をもって任じ,奇矯の多かった面目をよく示している。題材も好色や情事,遊芸など奇抜なものが多く,当時.

一休さんには漢詩集の『狂雲集』や『自戒集』などの著述がありますが、それらの素養を早くから身につけ開花させていたようです。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 現在特別展を開催中の大徳寺塔頭・ 真珠庵(しんじゅあん) は、一休さんを開山とするお寺。. 『狂雲集』(きょううんしゅう)は、一休宗純による風狂破格の世界を呈する漢詩集。 ほとんどが 七言絶句 で、 狂雲 とは一休の号である。 概説 編集. 一休:「狂雲集」訳注(柳田聖山ほか訳著 東京:講談社〈禅入門〉7、新版、1994年5月) 初版は〈日本の禅語録〉12、1978年、柳田訳で中公クラシックスでも年に刊行。. 以下この順に、『狂雲集』を読みます。加藤氏が『序説』で論じている詩を中心に、興味深いものをいくつかとりあげたい。読み下し文と現代語訳は、柳田聖山訳『一休宗純 狂雲集』(中公クラシックス)によりました(末尾の数字は柳田訳の通し番号)。. 狂雲集 一休 著 ; 平野宗浄訳注 (一休和尚全集, 第1-2巻) 春秋社, 1997. 『狂雲集』(きょううんしゅう)は、一休宗純による風狂破格の世界を呈する漢詩集。 ほとんどが 七言絶句 で、 狂雲 とは一休の号である。 概説 編集. 一休の著書『狂雲集』に、「寛正二年六月十六日、大燈国師の 頂相を本寺にかへして念仏宗となる」と記している。 「大燈国師」は臨済宗大徳寺の開祖。一休が最も尊崇していた 師である。. また、一休が村田珠光の師であるという伝承もあり、茶人の間で墨蹟が極めて珍重された(なお、珠光の師という説は現在の研究ではやや疑わしいとされる)。 著書(詩集)は、『狂雲集』『続狂雲集』『自戒集』『骸骨』など。.

「一休」の主著は『狂雲集』 一休の著書としては漢詩集の『狂雲集』が代表作とされています。「狂雲」とは一休の自号で、「迷い雲」の意味があり、群れを離れて不思議な動きをするちぎれ雲のような様子を表した語です。. 一休は77歳で「森女」という盲目の女性にめぐりあい、88歳臨終まで、溺愛する。一休の弟子たちによって書かれた『一休和尚年譜』には、なぜか「森女」のことは書かれていない。禅宗の僧であり、大徳寺の住持となった一休が女と同棲していたなどということは、隠すべきことと思ったのか. 一休狂雲集 - 一休 一休宗純いっきゅうそうじゅん。 むかしはかわいい男の子のトンチ話でみんなに好きで愛されていたのです。 が、近頃はめっきり大人になってしまいました(愉)。 世の酸いも甘いもかぎ分けた中で、暴露してしまうそのうさんくささもふくめてたいへんい味わい深い名言とエピソードの数々. 一休さんが晩年にまとめた『 狂雲集 』には、浄土真宗を開いた親鸞聖人の先生の法然上人についても 「 伝え聞く、法然はいき如来と 蓮華上品台に安坐す 智者は尼入道の如しと教え 一枚起請、最も奇なるかな 」 と讃えています。. 本書、一休の『狂雲集』の中から十二編の作品をピックアップし、解釈を提示する試み。著者のものは概して独特の論理の展開とスタイルのために読みやすいとは言い難く、どちらかと言えば専門的な関心の高い読者向けのものが多いが、本書は京都の「野仏庵」での講話がもとになっているの. 一休は能筆で知られる。また、一休が村田珠光の師であるという伝承もあり、茶人の間で墨蹟が極めて珍重された(なお、珠光の師という説は現在の研究ではやや疑わしいとされる)。 著書(詩集)は、『狂雲集』『続狂雲集』『自戒集』『骸骨』など。.

Amazonで一休 宗純, 聖山, 柳田の狂雲集 (中公クラシックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一休 宗純, 聖山, 柳田作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

一休狂雲集 - 一休

email: ahygese@gmail.com - phone:(855) 139-8608 x 9500

名古屋市天白区 2014.7 - 文学に遊ぶ 立岡和子著作集

-> 外国人が教えてくれた!私が感動したニッポンの文化 - ロバート・キャンベル
-> 言語論ノート - 埋橋徳良

一休狂雲集 - 一休 - 東京ぶらり吟行日和 志士の会


Sitemap 1

一休狂雲集 - 一休 -